明日9/30中川五郎Live 予約受付中!
土曜の夜はFANGSONG CAFEで生声LIVEを!
ということでライブ・シリーズ「サタデイ・ナイト・ファンソン」の第6回目です。(10/7原みどりLiveは残席僅か!ご希望の方、お急ぎ下さい)

今回のご出演は、音楽評論や対訳、翻訳などの執筆活動でもお馴染み中川五郎さん。シェフ笹坊もマスターマミ次もよく存じ上げている、とても素敵な方です。

前回6/24に「中川五郎が歌って語る“高田渡”の世界」という内容でお送りしたライブも大好評で、またやってほしいというお客様のお声と、またやりたいという五郎さんご本人からのリクエストとを、有難いことに両方すぐ頂きまして、今回早くも再登場!です。

今回は五郎さんがもうすぐ発売予定という新しいアルバムのテーマに沿って
『“ごめんなさい”と謝っても、誰にも許してもらえない男の歌....の夕べ』
というテーマで、大いに歌って語って、頂きます。
五郎さんHPの日記には・・・
・今度はラブ・ソングのアルバム
・ラブ・ソングといっても、この世に氾濫している若い人たちのラブ・ソングではなく、ぼくのような50代、あるいは還暦を迎えたような人たちが直面している「愛」や「恋」を歌った曲を集めたものを作りたい
・つまり、そうした人たちは長く結婚をしていたり、結婚から逃げ出そうとしていたり、あるいは別れたりくっついたリを何度も経験している人たちが多く、若者たちの爽やかな、あるいは残酷な、はたまた無邪気な愛を歌ったものではなく、彼らの倍を生きて来た者だからこそ味わっている、もっとどろどろとして、もっとややこしく、もっと切なくてやるせない愛を歌ったラブ・ソングが絶対にあってもいいはず
・タイトルは『そしてぼくはひとりなる』にするつもり

等のお言葉が。そんな歌世界を、生声生ギターでゆっくり味わう土曜の夜!
じんわり沁みますよ。(前回ライブでは泣いてる方も・・・)
 
先着15名様限定ライブ、激レアです。
ご予約はメールのみの受付となっております。
本日、只今から受付ます!

-----------------------------------------------------------------
赤坂ファンソン・カフェ 弾き語り生声LIVEシリーズ

〜サタデイ・ナイト・ファンソン〜

                   Saturday Night FANGSONG
-----------------------------------------------------------------

土曜の夜、赤坂の小さなカフェから聞こえてくる、レアな歌声。
歌い手はマイクを通さず、素のままの声で、客席と同じ高さで歌う。
オーガニックなお酒を傾け、耳を傾け、ゆったりとした自分に出会う。
いつしか心も体も、FANGSONG_____リラックス。

■■■ サタデイ・ナイト・ファンソン vol.6

 中川五郎
『“ごめんなさい”と謝っても、誰にも許してもらえない男の歌....の夕べ』

            ■■■ ■■■ ■■■
2006.9.30(土)
open 18:00/start 19:00
charge:¥2500(+1drink )

・ご予約は、relax@fangsongcafe.comまで、お名前&人数を明記の上、メールでお申し込み下さい。(返信メールが翌日までに届かない場合、お電話でご連絡下さい。03-3585-5587)件名は「9/30中川五郎予約」でお願いします。
・限定予約ライブの為、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

=====
なかがわ ごろう 1949年大阪生まれ。
http://www.goronakagawa.com/

   60年代半ばからアメリカのフォーク・ソングの影響を受けて、
  曲を作ったり歌ったりし始め、68年に「受験生のブルース」や
  「主婦のブルース」を発表。

   70年代に入ってからは音楽に関する文章や歌詞の対訳などが
  活動の中心に。90年代に入ってからは小説の執筆やチャールズ・
  ブコウスキーの小説などさまざまな翻訳も行っている。

   最近は執筆活動を中心にライヴ活動も再開。26年ぶりのアルバムを
  2004年春にリリース。ぼくが死んでこの世を去る日
ぼくが死んでこの世を去る日
中川五郎
(↑マスターマミ次、ベースでRec参加させて頂いてます)

最近ではこんな大作も翻訳されました。→ボブ・ディラン全詩集 1962-2001
ボブ・ディラン全詩集 1962-2001
Cafe_Event | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
<<10/7原みどりLiveは残席僅か! | うちの生声ライブはすごい >>
PROFILE
LINKS
「ファンソン倶楽部」
 会員登録(無料)

メールマガジンの配信・会員特典などもアリ。

メールアドレス

登録 退会

SEARCH THIS SITE.