本日、フレデリック・マルテルさんを囲む会
こんにちは、マミです。ボーッとしつつも、なんだかんだ雑用に追われバタバタしております。(でも以前とは比較にならないス)
そんなこんなで、これも掲載が当日になっちゃったゴメンなさい〜。そして私は行けないかもしれないけど、すごく貴重な機会だと思うのでここでもお知らせ致します。興味ある方は是非ー。

---以下転載可---
「フランスのゲイ社会学者・フレデリック・マルテルさんを囲む会」

フランスでパックス法が成立する際に重要な役割を果たした
フランスの社会学者、フレデリック・マルテル氏が
「フェスティバル/トーキョー」主催の国際シンポジウムで
来日しています。

1月に『超大国アメリカの文化力』を出版して
日本でも大反響を巻き起こすだけではなく、
『薔薇と黒/1968年以降のフランスの同性愛』など、
ゲイとしての著述活動も行っています。
また、学生時代からオープンリーなゲイとして活動し、
ジョスパン政権時にパックス法が成立する際、
重要な役割を果たしたとのこと。
ぜひ、この機会にお話を伺えればと思い、
急きょ「囲む会」を開催することになりました。
またとない貴重な機会です。ぜひお越しください。

「フレデリック・マルテルさんを囲む会」
日時:2009年2月7日(土)18:30
場所:尾辻かな子事務所(新宿2丁目)
03−3356−0540
参加費:無料
主催:フレデリック・マルテルさんを囲む会実行委員会

フレデリック・マルテルさん
★フレデリック・マルテルさん略歴(朝日新聞1月25日付記事より)
67年生まれ。作家、ジャーナリスト、社会学博士。
01年から4年間、在米仏大使館の文化担当官。
このときに米国の35州で文化関係者約700人にインタビューして
『超大国アメリカの文化力』を書いた。
ほかに『薔薇と黒/1968年以降のフランスの同性愛』などの著書がある。

朝日新聞1月25日付掲載記事「グローバル化時代の文化 仏の社会学者 フレデリック・マルテル氏に聞く」
同じ記事の画像版
今回、来日したシンポジウムの情報
マルテルさんが書いたパックス法についての文献(日本語版)
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
<<テレビ三昧 | @mammyf.com >>
PROFILE
LINKS
「ファンソン倶楽部」
 会員登録(無料)

メールマガジンの配信・会員特典などもアリ。

メールアドレス

登録 退会

SEARCH THIS SITE.