あれやこれや
バタバタしてるうちに8月とは。あれまー。まあ充実している証拠ってことでハイ。
膨大にたまったマミムメモの一部を残しておきたいと思いやす。

・昨年から始めた勉強は続いていますが、5月から始めた講座の方は一段落。合格すれば9月に次の段階の講座が開始。どっちもがんばろー。(ひとりごと)

・FANGSONG跡地の赤坂ポートカフェさんへ伺った。中国語教室をされてる先生と台湾ポップスについて語って楽しい時間でした。有馬さんも頑張ってるご様子〜。ご夫婦仲良く、日々を楽しんでくださいねー。

・生まれて初めて、オーラソーマコンサルテーションとチャクラヒーリングというものを受けた。私の高・大の同級生、若月文恵さん(アタイは「ぶんな」と呼んでいる)のヒーリングサロン「Sound Of Leaf」にて。ぶんな、元々すっごい勉強家だけど、また更に成長を遂げていた!いやーこのヒト今もすごいけど、将来相当素晴らしいヒーラーになると思うわ。(この手の予感は必ず当たるアタイなので、これも自信を持って予言します。)オーラソーマとチャクラ〜はまだ勉強中なので、今はレイキ、アロマテラピー、マッサージ中心のメニューですが、体が不調でどっか行きたいけど、どこ行ったらいいかわかんない〜てな方は是非どうぞ。女性専用ね。

・しかし、ヒーリングとか社会運動とか、その人自身の問題が解決されていてこそ、本来の“導き”が出来るのだということを、また改めて思い返しました。(意外と、問題抱えたままやってる方も多い気がするんですよね...)

林正樹さんに連絡頂き(ありがとねー)、久々に彼のバンド、STEWMAHNのライブを鑑賞。やっぱり素敵でありました。正樹さんもアタイが10年前から「予言」している通り(笑)、大器ミュージシャン道を驀進中〜。ほんと音も人も最高で大好きなんです。会うとなんかすっごく安心すんの(笑)。また一緒に音楽出来るのを、楽しみにしております!

・そうそう、ぶんなのヒーリングを受けてから、酒を飲みたくなくなった!ビックリです。カフェやめてからも、週2~3、自分でカクテル作ったりして(いいだろー)ちょこっと飲んでましたが、もう今や月1でもいいわ。なんだろこれー。オーラの修復に入ったのかしら...。

・酒もそうですが、食生活にも少し変化が。基本的にこれが食べたい飲みたい、という心の声を大切に、食べ物を摂るようにしている私。カフェ時代はベジタリアンだったのですが、今年春ぐらいから、何故かたまーにお肉系を欲する時があり、その欲求には素直になるようにしています。量はほんの少しでいいの。でも安全な美味しいのを。

・あとフルーツ摂取量も去年より増えた。
・酵素玄米は変わらず食べています。美味しい!

・チャングム@TBSは見てません。初回見たら(見たんかい)、音声韓国語にして字幕オンにすれば、おおまたチャングムワールド楽しめるかも...という気になったけど、すんごいカットしてんだもの!NHKのでも相当カットしてんのに、それを更に...。そんなものはアタイもう要らないわ。
Gyaoで今、ノーカットのやってるらしいんで見たい方はどうぞ〜。(字幕ヘンなとこあるけどな)

・TBS、韓国版「花より男子」も始めたようで。夕方2本続けて韓国ドラマってのもすごいねと思うが。一応、初回はチェック。

「花より男子」は日本版、台湾版、韓国版それぞれちょっとずつ見たのですが、違いが中々興味深いですな。すごくお国柄が表れる。私が大学生なら卒論のテーマにするね(笑)。実は深いかも、その違い。

・もうすぐ始まるNHK-BSの「イ・サン」は見ようと思う。全77回あるらしいがハハハ。だってチャングムの監督イ・ビョンフン作品なんだもの〜。「イ・サン」にはチャングムに出ていた人もたくさん出てるらしい。噂によると、スラッカンで「前世でここにいた気がする...」っていうセリフがあるらしいんですけど!(笑)カットされてないといいな。

・イ・ビョンフン監督、怒鳴って威張ってというそこらの監督とは全く違う、愛情深くて懐の大きい方らしい。作品が愛溢れているのもそういうことなのでしょう。

・TV韓国語講座内のインタビューでも、またいいことたくさんおっしゃってました。ということで概要メモ。

Q.キャスティングで重視するのは?
「私が俳優を決めるのは優しい目を持った人かです。純粋な部分は目でわかります。純粋な目と純粋な優しさがなくてはなりません、特に男の主人公は。女性も同じですが、主人公は必ず純粋で優しい目が必要です。」

Q.撮影現場で大切にすることは?
「演技を楽にするためにはリラックスしなくてはならないので、気分良く楽しく、気持ちを楽にするべきで、気まずくしたり間違えて周りがいらいらしたり、怒ったりそんなことがないようにして...」

Q.ドラマのメッセージは?
「『他人が自分と志が違うからといって排斥してはいけない−。世の中には自分と違うたくさんの人がいるのを認めて受け入れるべきだ』というイ・サンのセリフがあります。自分と考えが違うからといってそれを間違いとしてはいけない、世の中にはたくさん違う人がいる−。社会生活で意見が違うから“おかしい”と思うのでなく、当たり前と思うこと−興味が違うから“おかしい”と思わずに認めること−他の人が存在するのだということ−。社会は多様な考えと性格とを持つ人の集まりであることが、メッセージです。」

・このメッセージが本当に浸透したら、ゲイ・バッシングもなくなることだろう。

・本日の「松嶋×町山未公開映画を観るTV」(TOKYO MX 23:00~24:00)は必ず見たいと思う。「保守派の根強いテキサスで育った少女、シェルビー・ノックスが、地域の性教育や同性愛者の捉え方に疑問を投げかけていく姿を追う」ドキュメントの後編。

この番組、予告とか日本語のナレーションとか、無理に過激性をアピールしていて(あんなんしなくていいと思うよ)食わず嫌いだったんだけど、数回見て、中身は凄くいい番組だと思いました。米ウォルマートの労働者搾取(で、経営者は長者番付、的な図)とか、大事な情報だよなぁと。松嶋さん町山さんもなんだかいい組み合わせなんですよね。

「WHAT WOULD JESUS BUY?」の回を見てから、ディズニーグッズの裏には、労組を作ろうとして膝の皿を割られたアジアの労働者が目に浮かんで(具体的な映像出てきてないのに)、アタイもうネズミーランドにも行けなくなりそうです(泣)。まあネズミーグッズに限らず、なんですけどもね...。不当な搾取、貧困社会がなくなるといいなぁと願いますです本当に。戦争のない平和を願います。願いましょう!

・またオススメ等お知らせしまーす。キャン子の画像も〜。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
<<「ためしてガッテン」スロージョギング | チャングム・レストラン >>
PROFILE
LINKS
「ファンソン倶楽部」
 会員登録(無料)

メールマガジンの配信・会員特典などもアリ。

メールアドレス

登録 退会

SEARCH THIS SITE.