「AERA」掲載にあたって改めて思うこと
ファンソン・カフェが雑誌に載りました。
Han○koの「行ってみようよ あったかカフェ特集」
ではなく(そんな記事はありませんか)、朝日新聞の週刊誌AERAです。

今日発売のAERA(2006年2月6日号)
「現代の肖像:笹野みちる」という記事の中に出てきます。
ライター:北原みのりさんの文才、鋭い視点が冴え渡る、深い愛に満ちた記事になっています。

昨夜(というか今朝)mixiの方にも書きましたが、あの混沌とした笹野の生き様が、たくさんの方にお伝えするべき大事な軸を伴ってきちんとまとまっているこの記事を読んでいるうちに、とても感慨深い気持ちになりました。笹野の社会的お役目や、このファンソン・カフェの意義、自分のすべきこと、などに改めて思いを馳せ。

ということで、今回の記事によって、あれこれが発表された形になる訳ですが、笹野も私も、今まで同様、カフェに来てくださる方が、帰られる時に更に元気になるような、そんな仕事をしていきたいと思っております。これまでと同じく、当店は老若男女・セクシュアリティも問わず、どなたでもウェルカムです。特に女性が安心して飲めるバーでありたい、と願っておりますが、ジェントリーな方でしたらどんな体の方でも(笑)ほんとにウェルカム。笹野のことをご存知の方にも、そうでなくいらしたお客様にも(たくさんいらっしゃいます)、気持ちよく・やさしい・未来あるパワーを充填して頂ける店でありたいと改めて思う今日でありました。

全ての人が良き方向へ導かれますように、笹野共々心から願ってます。
今後共、FANGSONG CAFEをどうぞよろしくお願い致します。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
<<臨時休業のお知らせ | サタデイ・ナイト・ファンソンvol.1はキャンセル待ち >>
PROFILE
LINKS
「ファンソン倶楽部」
 会員登録(無料)

メールマガジンの配信・会員特典などもアリ。

メールアドレス

登録 退会

SEARCH THIS SITE.