忍......ひたすら忍の、揚げ出し大根。
バータイムの常連のお客様の間で、最近、
よく注文していただくメニューのひとつに、
「揚げ出し大根」というのがあります。

「揚げ出し大根」とは、簡単に説明すれば、
大きめに切った大根を素揚げにして、大根おろしを添えて、
ダシ醤油をかけるだけの、超シンプル料理なのですが、
しかし、この揚げ出し大根、
もんんんんのすごく、忍耐を要するのです。

15分近く、じわ〜〜〜〜〜っと、揚げるのですが、
温度が高すぎても、真っ黒焦げに。
低すぎても、芯まで火が通らず、旨みが出てきません。

ちょうどいい頃合いで、
油の中をときどき泳がせたりしながら、
お客様にも待ってもらい、自分のはやる心とも戦いつつ、
大根それ自身が、気持ちよく、

「揚がったよ〜っ!」

と、風呂あがりを元気に告げるのを、
ただひたすら、待たねばならないのです。

そして、包丁を入れたときの、
しみ〜っとした感触に出会うたび、
待つことの喜びを味わう、笹坊なのでした。

私、待つわ。(古いね)





「シェフ笹坊の厨房日記」アーカイブ | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
<<ひなまつりスウィーツフェスタ、やります! | ご心配お掛け致しました >>
PROFILE
LINKS
「ファンソン倶楽部」
 会員登録(無料)

メールマガジンの配信・会員特典などもアリ。

メールアドレス

登録 退会

SEARCH THIS SITE.