サタデイ・ナイト・ファンソン vol.8は大木彩乃さん!
土曜の夜はFANGSONG CAFEで生声LIVEを!
ということでライブ・シリーズ「サタデイ・ナイト・ファンソン」の第8回目です。

今回のご出演は、ピアノ弾き語り・シンガーソングライターの大木彩乃さん。マスターマミ次との最初の出会いは、もう9年くらい前になりますが、その後シェフ笹坊とも意気投合して(とてもとても女子校ノリ)、tomzuin h氏を交えて京都でLiveを行ったり、ずっと仲良くさせて頂いてます。

シェフ笹坊のHPリンク集のコメントは、以下のようになっております。
「天から地へスーっと通る歌声・メロディー・歌詞…全てに静謐へと誘う磁力がある人。でもMCはスゴい!」(笹野みちる)

ほんとにその通りで、素晴らしい音楽&爆笑MCですよ!私はずっと「Gentle Music」というものを提唱してる(笑)のですが、日本における数少ない、真のGentle Musicアーティストかと。(他にはキリンジ、ハナレグミなどがそれに該当)アーティスティックだけど、ポピュラリティも兼ね備えてる楽曲の数々を是非素敵な生声で!!

今回のライブは、久々にお声かけて頂き、何曲かマミ次もベース弾きます!がんばりまーす!
 
先着15名様限定ライブ、激レアです。
ご予約はメールのみの受付となっております。
本日、只今から受付ます!

-----------------------------------------------------------------
赤坂ファンソン・カフェ 弾き語り生声LIVEシリーズ

〜サタデイ・ナイト・ファンソン〜

                   Saturday Night FANGSONG
-----------------------------------------------------------------

土曜の夜、赤坂の小さなカフェから聞こえてくる、レアな歌声。
歌い手はマイクを通さず、素のままの声で、客席と同じ高さで歌う。
オーガニックなお酒を傾け、耳を傾け、ゆったりとした自分に出会う。
いつしか心も体も、FANGSONG_____リラックス。

■■■ サタデイ・ナイト・ファンソン vol.8

 大木彩乃
「あやのの部屋〜ゲストはあなた〜」
            ■■■ ■■■ ■■■
2006.10.28(土)
open 18:00/start 19:00
charge:¥2800(+1drink )

・ご予約は、relax@fangsongcafe.comまで、お名前&人数を明記の上、メールでお申し込み下さい。(返信メールが2日以内に届かない場合、お電話でご連絡下さい。03-3585-5587)件名は「10/28大木彩乃予約」でお願いします。
・なるべくPCのアドレスをご利用下さい。(携帯の場合は、relax@fangsongcafe.comからメールが届くように設定して下さい。)
・限定予約ライブの為、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

=====
大木彩乃 (おおき あやの)
http://homepage.mac.com/ayano75/

東京都出身。幼少時代よりピアノ、そして歌謡曲に明け暮れる。中学時代からオリジナルを歌いはじめ、大学卒業後、南青山マンダラで定期的にライブ活動を始める。1999年ビクターから「眠る魚」でデビュー。3枚のアルバム、8枚のシングルをリリースし、全国各地でイベントライブやラジオ番組を展開。2002年、メジャーでの活動を休止。2003年より、自由なスタイル、ペースでの音楽活動をスタート。水を得た魚のように、独自の世界観をぐんぐん突き進み、深みへと真剣に取り組む「趣味としての音楽」を貫く。2004年11月より、大木彩乃マイペース活動の拠点として、PORORI RECORDSを立ち上げる。
Cafe_Event | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
10/7原みどり キャンセル待ち
2006.10.7(土)
< サタデイ・ナイト・ファンソン vol.7 〜 原みどり >
  『「恋☆さざなみ慕情」発売直前記念:
   原みどりが唄う小唄から昭和のJAZZ歌謡まで』 

は、ご予約が予定席数に達しましたので、(ありがとうございます!)
今後は、キャンセル待ちのご予約として承ります。

・キャンセル待ちのご予約は、relax@fangsongcafe.comまで、
 お名前、人数、携帯番号(なければ電話番号)を明記の上、
 メールでお申し込み下さい。
 キャンセルが出た際の詳細を、メールにて送らせて頂きます。
 (返信メールが2日以内に届かない場合、
  お電話でご連絡下さい。03-3585-5587)

・という状態なので、ご予約頂いているお客様も
 キャンセルの場合は必ずお早めにご連絡くださいませ。
 何卒宜しくお願い致します。
Cafe_Event | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
10/7原みどりLiveは残席僅か!
土曜の夜はFANGSONG CAFEで生声LIVEを!
ということでライブ・シリーズ「サタデイ・ナイト・ファンソン」の第7回目です。(予約受付中。ご希望の方、お急ぎ下さい!)

今回のご出演は、シェフ笹坊・参加ユニット「吉祥寺三姉妹」の“長女”としてもお馴染み、原みどりさん。

歌の実力、お人柄ともに素晴らしいミド姐、10/20にリリースされるミニアルバム「恋☆さざなみ慕情」は、豪華メンバーの超一発録音!で、ほんとにすごい作品です。(サンプル送って頂きました。ありがとう〜ミド姐!)

ちなみにチラシ掲載されているシェフ笹坊のコメントは、
以下のようになっております。

 何の作為もなく、全てを「第一声」へと明け渡した、原みどり。
 『山中節』で飛び込んでくる、最初の詠嘆の一声だけでも、
 あらゆる魂を癒すに違いない。(笹野みちる)


今回のライブは、このミニアルバム発売を記念して、
小唄から昭和のJAZZ歌謡まで、Key.一本のサポートで
ミド姐の生声をたっぷり味わって頂ける、特別な一夜!
 
先着15名様限定ライブ、激レアです。
ご予約はメールのみの受付となっております。
本日、只今から受付ます!

-----------------------------------------------------------------
赤坂ファンソン・カフェ 弾き語り生声LIVEシリーズ

〜サタデイ・ナイト・ファンソン〜

                   Saturday Night FANGSONG
-----------------------------------------------------------------

土曜の夜、赤坂の小さなカフェから聞こえてくる、レアな歌声。
歌い手はマイクを通さず、素のままの声で、客席と同じ高さで歌う。
オーガニックなお酒を傾け、耳を傾け、ゆったりとした自分に出会う。
いつしか心も体も、FANGSONG_____リラックス。

■■■ サタデイ・ナイト・ファンソン vol.6

原みどり
『「恋☆さざなみ慕情」発売直前記念:
原みどりが唄う小唄から昭和のJAZZ歌謡まで』

            ■■■ ■■■ ■■■
2006.10.7(土)
open 18:00/start 19:00
charge:¥2800(+1drink )

・ご予約は、relax@fangsongcafe.comまで、お名前&人数を明記の上、メールでお申し込み下さい。(返信メールが2日以内に届かない場合、お電話でご連絡下さい。03-3585-5587)件名は「10/7原みどり予約」でお願いします。
・限定予約ライブの為、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

=====
はら みどり 
http://www013.upp.so-net.ne.jp/midorihaus/
1989年財津和夫氏とのデュエット曲でデビュー。日本コロムビアレコードよりソロアルバム3枚。1994年からは、菊地成孔、河野伸らと「SPANK HAPPY」を結成し東芝EMIより3枚のシングルとミニ&フルアルバムをリリース。小泉今日子やソウルフラワーユニオンのライブツアーへのコーラス参加などを経て、ここ数年は様々なユニットで主に吉祥寺マンダラ2で活動。ホッピー神山プロデュースアルバム「ブルーズ彗星」(中村コメタローとのユニット「原緑/*come」)や「吉祥寺三姉妹」(笹野みちる、篠原りかとのユニット)で、インディーズからアルバムをリリース。老人ホーム慰問のお座敷合奏トリオ「原みどり&チャンチキズ」では明治・大正・昭和初期の流行り唄も歌う。
Cafe_Event | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
明日9/30中川五郎Live 予約受付中!
土曜の夜はFANGSONG CAFEで生声LIVEを!
ということでライブ・シリーズ「サタデイ・ナイト・ファンソン」の第6回目です。(10/7原みどりLiveは残席僅か!ご希望の方、お急ぎ下さい)

今回のご出演は、音楽評論や対訳、翻訳などの執筆活動でもお馴染み中川五郎さん。シェフ笹坊もマスターマミ次もよく存じ上げている、とても素敵な方です。

前回6/24に「中川五郎が歌って語る“高田渡”の世界」という内容でお送りしたライブも大好評で、またやってほしいというお客様のお声と、またやりたいという五郎さんご本人からのリクエストとを、有難いことに両方すぐ頂きまして、今回早くも再登場!です。

今回は五郎さんがもうすぐ発売予定という新しいアルバムのテーマに沿って
『“ごめんなさい”と謝っても、誰にも許してもらえない男の歌....の夕べ』
というテーマで、大いに歌って語って、頂きます。
五郎さんHPの日記には・・・
・今度はラブ・ソングのアルバム
・ラブ・ソングといっても、この世に氾濫している若い人たちのラブ・ソングではなく、ぼくのような50代、あるいは還暦を迎えたような人たちが直面している「愛」や「恋」を歌った曲を集めたものを作りたい
・つまり、そうした人たちは長く結婚をしていたり、結婚から逃げ出そうとしていたり、あるいは別れたりくっついたリを何度も経験している人たちが多く、若者たちの爽やかな、あるいは残酷な、はたまた無邪気な愛を歌ったものではなく、彼らの倍を生きて来た者だからこそ味わっている、もっとどろどろとして、もっとややこしく、もっと切なくてやるせない愛を歌ったラブ・ソングが絶対にあってもいいはず
・タイトルは『そしてぼくはひとりなる』にするつもり

等のお言葉が。そんな歌世界を、生声生ギターでゆっくり味わう土曜の夜!
じんわり沁みますよ。(前回ライブでは泣いてる方も・・・)
 
先着15名様限定ライブ、激レアです。
ご予約はメールのみの受付となっております。
本日、只今から受付ます!

-----------------------------------------------------------------
赤坂ファンソン・カフェ 弾き語り生声LIVEシリーズ

〜サタデイ・ナイト・ファンソン〜

                   Saturday Night FANGSONG
-----------------------------------------------------------------

土曜の夜、赤坂の小さなカフェから聞こえてくる、レアな歌声。
歌い手はマイクを通さず、素のままの声で、客席と同じ高さで歌う。
オーガニックなお酒を傾け、耳を傾け、ゆったりとした自分に出会う。
いつしか心も体も、FANGSONG_____リラックス。

■■■ サタデイ・ナイト・ファンソン vol.6

 中川五郎
『“ごめんなさい”と謝っても、誰にも許してもらえない男の歌....の夕べ』

            ■■■ ■■■ ■■■
2006.9.30(土)
open 18:00/start 19:00
charge:¥2500(+1drink )

・ご予約は、relax@fangsongcafe.comまで、お名前&人数を明記の上、メールでお申し込み下さい。(返信メールが翌日までに届かない場合、お電話でご連絡下さい。03-3585-5587)件名は「9/30中川五郎予約」でお願いします。
・限定予約ライブの為、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

=====
なかがわ ごろう 1949年大阪生まれ。
http://www.goronakagawa.com/

   60年代半ばからアメリカのフォーク・ソングの影響を受けて、
  曲を作ったり歌ったりし始め、68年に「受験生のブルース」や
  「主婦のブルース」を発表。

   70年代に入ってからは音楽に関する文章や歌詞の対訳などが
  活動の中心に。90年代に入ってからは小説の執筆やチャールズ・
  ブコウスキーの小説などさまざまな翻訳も行っている。

   最近は執筆活動を中心にライヴ活動も再開。26年ぶりのアルバムを
  2004年春にリリース。ぼくが死んでこの世を去る日
ぼくが死んでこの世を去る日
中川五郎
(↑マスターマミ次、ベースでRec参加させて頂いてます)

最近ではこんな大作も翻訳されました。→ボブ・ディラン全詩集 1962-2001
ボブ・ディラン全詩集 1962-2001
Cafe_Event | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
うちの生声ライブはすごい
こんばんは、マミです。
もう数ヶ月前から私の口癖は「あーなんか、もんのすごくいいライブが見たいよー」だったのですが、9/23の鈴木亜紀ライブ過ぎたら、その欲求も消えました。
すごいな、やっぱりあの人は。

私が今まで、“見ていて涙がドォドォ出てきたライブ”は
・Djavan(ブラジルのシンガー)
・Pat Metheny(ジャズ・ギタリスト)
・矢野顕子(ご存知ですね?)
だけなんですが、ここに鈴木亜紀も加わることになりました。どうぞよろしく。

まあこの日のことは、また改めてラブピースクラブのコラムにでも詳しく書こうかなと思っておりますけれども、とにかく、宇宙的に大きい愛を感じたライブでした。どうもありがとうございました。

さて今後も当店では素敵なライブが予定されております。以下、京都町内会バンドメルマガ内「『みちる庵』 vol.37/ 笹野みちる」の文を引用。
=====
●ファンソン・カフェ生声ライブの巻

この秋はやねぇ、もうすぐ1周年を迎える、我が赤坂ファンソン・カフェで、
超ステキ&仲良しのシンガーソングライターをお招きして、
弾き語りで演っていただく予定がバンバン決まってますのん。

◆9/23(土・祝) 鈴木亜紀

 亜紀ちゃんをまだ見たこと聴いたことない人は、絶対来て。ヤバイよ。
 この人はたぶん、歌った瞬間に、いつも地球の中心と繋がってるハズ。
 今後、益々活躍の場を拡げて行かはるであろう、彼女のレアな声を
 とりあえず聴いといて。虜になるかもしれんで。

◆9/30(土) 中川五郎

 五郎さんはなぁ、ボタンをかけ違えた聖者なん。
 とても目のきれいな優しい人。すごい寂しがりやの女好き&酒好き。
 でも、全く下品なところがない。たぶん女神さまを求めてるんやと思う。
 新しいアルバム出さはってんよ。五郎さんと一緒に、いっぺん飲んでみてよ。

◆10/7(土) 原みどり

 みど姐の新しいアルバム「恋★さざなみ慕情」は、ものすごい名盤よ。
 私も宣伝用のコメント寄せさせてもろた。中の1曲、「山中節」は圧巻。
 最初の5秒で号泣やった。ミド姐の声は巫女の声や。生で聞けるなんて
 そうそうないよ。赤坂を浄化しにきてくれはるから、あやかりにきてや。

◆10/28(土) 大木彩乃
 
 この人の歌声が誘う「静けさの境地」は、実に深いのん。美しいねん。
 しかし、しゃべり出すと、その恐ろしいギャップに泣き濡れて悶絶大笑い。
 久しぶりの彩乃ちゃんの歌声、しかも、近々NEWアルバムも出るとのウワサ。
 これは絶対にチェックしてほしいところやね。
=====
ということで、まずは今週9/30、おめめキラキラ中川五郎さんのライブ、ぜひいらして下さい!予約受付中です!
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
「ファンソン倶楽部」
 会員登録(無料)

メールマガジンの配信・会員特典などもアリ。

メールアドレス

登録 退会

SEARCH THIS SITE.