今夜必見「犬たちの悲鳴」
ご無沙汰しておりますー。なんだか忙しくしつつ、適当にダラダラもしつつ、なシルバーウィークです。あれこれお知らせはまたゆっくり。
以前熱く書いたあの番組が再放送だそうなので、是非ご覧頂きたく。

9月23日(水)午後10時10分~11時00分
BS世界のドキュメンタリー
イギリス 犬たちの悲鳴 〜ブリーディングが引き起こす遺伝病〜

嗚呼ほんとに!キィーーーーーッってハンケチを噛みたくなるほど酷いのよ!
見て!知ってちょーだい!!

=====
うちのキャン子のユル写真はまた~。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) |
9/6に69
たまには大人なタイトルで迫ってみました。
3年待ったぜ、デビッド・タオ(陶[吉吉]。以下DT)のニューアルバム『69楽章』!

・彼は1969年生まれ
・6枚目のフルアルバムかつ9枚目のCD
・日本語の「69」と「Rock」の発音をかけて
・古代中国の占いの書「易経」で陰と陽の極地数を表す6と9が「変化の中での再生」を意味する
・「69」がデビッドの星座・蟹座のシンボルにも似ている

ということから、このタイトルにしたそうです。
蟹座の人はみんないい人です。私も蟹座です。

いやー流石、グレードの高い曲てんこもり。音作りがしっかりしてます。(録音もLA,台北,香港,シンガポールで、ミュージシャンもいいとこどりしてます)
やっぱしコーラス作り、めちゃくちゃウマイねーDTは。
と思ってたら、自分史みたいな歌の中で、

あの年僕は17歳 毎日聴いたQueenの歌
Rockのスーパースターになるのを夢見てたよ
僕のギター 抱きしめながら

(「關於陶喆」 適当訳詞:マミ次)

て歌詞を発見。そこでは実際Queenばりのコーラスを。
宇多田ヒカルさんといい、やっぱQueen好きはコーラス作りにスペシャルな力を発揮すんだね~、と再確認(笑。いやほんとヒッキーのコーラスワークはすごいと思う。Vo.トラック数も並じゃないと思うわアレ)。

DTのすごくいいところは、音楽をノビノビやっているのがわかるところじゃなかろうか。好きなものを好きなように。(リーホン(王力宏)のなんとなく生き辛そうなところと、対照的なんですよね...。リーホンとDTは仲も良くて、Liveのサポートメンバーなんてほとんど同じだったりするんだけど、バンドさん、なんかDTの方がノビノビ楽しそうに見えるのよね...リーホンもっと人に任せればいいのに、とおせっかいババアは画面に呟くのであった。加油!←応援してます)
あと、DTは音楽を通して何か大事なものを伝えたい、という高みを目指している姿勢が感じられるのも素敵だと思う。

日本にも来てほしいものです。なんで来てくんないのよー(涙)。

=====
好きなものを好きなように。突き進む勇気。大事よね。
クエンティン・タランティーノを見習わねばな。
楽しいことが一番。

=====
今日のTVネタは以下。最近涙腺がよく刺激されてます...

・矢野顕子さんの生「ひとつだけ」に号泣。スタジオパークなのに!(笑)
 よく精神世界系の本でも「今ここ」を大切に、と言うけれど、この時、まさに今ここに生きている音楽という感じが致しました。美しかった。確実に、私の中の不要な念が幾つか浄化されたと思います(笑)。
・「星の子“モーシャ”」またBSで再放送あるみたい。見てね。
・全然期待してなかったのに、この2本にも落涙。
アジアンスマイル「空の下の理髪師~台湾 新竹~」
いい青年だったなー。
20min.「ボクの家族写真」
写真家・浅田政志さん。すごいね!

ちなみに「20min.」のかっこいいオープニング音楽は、アタイの大好きな林正樹さんよ~。何パターンもあるので、その日によって違いますの。
=====
大事に生きなくちゃ。と思わせてくれる番組たちでした。
ありがとう非常感謝。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
今夜「星の子“モーシャ”」見てね
ハイビジョン特集
「星の子“モーシャ”~世界初 義足をつけたゾウ~」
8/31(月) 20:00~21:30 BShi

昨年12月、ファンソン・カフェにこの番組のポストカードが貼ってあったことを覚えていらっしゃいますか?この番組を作った方、なんと常連さんなのです~。やさしくきれいな瞳が素敵な女性で、大好きよー。この番組のテーマを聞いて、非常に彼女らしいと思いました。
タイにある象専門の病院に地雷で右前足をなくし義足をつけた子象がいる。名前は星の子を意味する「モーシャ」。多くの人の支えで試練を乗り越え、懸命に生きる姿を伝える。
タイ北部の森にある象専門の病院に、義足をつけた子象がいる。モーシャ、2歳。“星の子”という意味だ。ミャンマーとの国境付近で地雷を踏み、右前足を失った。体重は600キロ以上。このまま成長すると3本の足では体を支えきれなくなるため、世界で初めて象の義足が作られた。目標は自分の足で柵(さく)の外に出て草を食べたり、ほかの象たちとふれあうこと。多くの人々の支えで試練を乗り越え、懸命に生きる姿を描く。

BS放映後、地上波でも短縮版が放映され、今回またオリジナル版でBS再放送。きっと反響も大きかったのでしょう~素晴らしい。

実はワタクシ、昨年末閉店イベントのバタバタで地上波もなんと見逃して...それはもう忸怩たる思いだったのです。再放送うれしい!!あー楽しみ!!
皆さんもぜひご覧くださいね!!!
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
ボートマッチ / 竹内行夫にバッテンを!
「ボートマッチ」ってぇの、初めてやってみたー。勉強になりました。
投票したい党、候補者を確認するのにとてもよいですね!
皆さんも選挙前にぜひお試しください。(以下両方やるのがオススメですよー)

・毎日ボートマッチ
・読売ボートマッチ

あと「最高裁裁判官の国民審査」、今回は確実に×をつけなきゃいけない人がいるようです。
↓で検索すると、たくさん出てきます。(コピペしてググって下さい~すんません。特定のサイトにリンクしないのは、状況を俯瞰して頂いた方がいいかなと思うからです。いろんなブログ等、読んでみて下さい。)

竹内行夫にバッテンを!

====
私もバッテンつけます。平和を願うからです。
マルとかつけると無効票になっちゃうらしいんで、
お気を付けになってくださいね。バツ、のみで。
バツつけるなんて抵抗がありますが
「マルじゃなくてバッテンしかつけられない」
というシステムの上では仕方ないのでありマスね。

取り急ぎ。今日はとにかくお知らせしたいことのみで失礼致します。
ゆるい日記はまた今度~。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
エヴァ/SlumDunk/クドカン
↑この夏、楽しんだものです。
まるで中学生男子(ひと昔前の)。
どれもなんとなく知ってるだけで、ちゃんと味わったのは今夏初めて。

エヴァは深夜の再放送と映画「序」をTVで。
スラムダンクは図書館で借りて全31冊読破。
クドカンさんは、グループ魂フェスみたいなLiveと「あべ一座」をBSで、ドラマ「流星の絆」の再放送をTVで。
(金かかってないなー。ありがたや。)

「あべ一座」とは
阿部サダヲからあべ静江、阿部寛まで「あべ」大集合のバラエティ。

いやーそれぞれメジャーなだけありました。
スラムダンク、泣けたわ...。
「あべ一座」くだらなさが最高です。

日本カルチャーのこの振れ幅が好きだわ。

東京でもしオリンピックをやらされることになったら、
開会式は浅利慶太とかじゃなくてクドカンにして(笑)。

=====
そんなユルイのも楽しみつつ、ドキュメンタリーもいろいろ引き続き見ております。
8月は戦争関係も多いけれど、
「1945年8月6日に何があったか知っていますか?」
の質問に答えられないたくさんの若者の映像(@竹下通り)を見ると、
このままでは大変なことになるという危惧の念を抱かずにはおれません。
下の世代に伝えていく責任、我々くらいの年でももう十分あります。
上記のような若者を増やさないように...。
世界に対しても、原爆の恐ろしさを知っている国として、出来ることをもっとしていかないといけないと思います。

=====
ドキュメントと言えば、本日の「松嶋×町山未公開映画を観るTV」もおすすめです。(すっかりファン。「情熱大陸」生で見て、こっちを録画している。)

今夜は、アメリカの映画のレイティング(R指定とか年齢制限つけるやつね)がどのようにして行われているか、今まで明かされることのなかった裏事情に迫っているドキュメンタリーの後編。

前編を見て、これは本当に広く知られるべきだと思った!
アメリカで唯一の映倫の実態、酷い。改善されるべき組織です。
(同性愛差別もはっきりと。「ボーイズ・ドント・クライ」の監督や「Go!Go!チアーズ」の監督の憤りコメントも収録されています。特に「Go!Go!~」は、
「同性愛は悪いことではないと、高校生たちに届けたくて作った学園コメディなのに、18禁にされた」
と言っておられ...意味ないじゃないか!)

まったく、問題あるとこにはいつでもカネと権力が...。

=====
カネと権力じゃ幸せになれないことを教えてくれる老舗番組と言えば「オーラの泉」ですが(笑)、昨日は久々に、オーラの泉らしいオーラの泉だったと言えよう。(近頃の「ちい散歩」みたいなコーナーは、どうも物足りない。)

倉本聡氏の言う、表現者は“神様が奏でる楽器”であるべきだ、とか、番組定番フレーズ(笑)の「恥を知れ」「畏れを忘れるな」、とか。やはりいい番組です。美輪さまどうぞ長生きなさって。戦争の悲惨さ・愚かさの語り部としても。「バカな憲兵が!」と堂々と言える貴重な人材です。

=====
「オーラの泉」くらいしかTVは見なかったここ4~5年が嘘のように、最近はテレビっ子の私ですが、テレビ、案外捨てたもんじゃないよと言いたいなぁ。食べ物にもとても気を使う、私の周りにもいっぱいいた自然派の(笑)種の方々に、特に。(テレビは悪波動だから見ない、って人多いの。)確かにいい番組を探すのは手間がかかる作業です。そう、一般スーパーでアミノ酸を使っていない食品を探すくらい大変。いや、それよりはテレビの方が楽か。とにかく、テレビ全てを否定してしまうのは勿体無いし、今まで見てこなかったのって、“知の放棄”だったな、って思う。悪い刺激の番組もあるかもしれないけど、良い刺激を発信しているものもたくさんあるから。見つけてください!私も見つけたら、出し惜しみせず書いていきます。

食べ物もネットもそうですが、“選ぶ力”をつけたいものですね。
政党も、だねー。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
「ファンソン倶楽部」
 会員登録(無料)

メールマガジンの配信・会員特典などもアリ。

メールアドレス

登録 退会

SEARCH THIS SITE.