ムハマド・ユヌス氏
この番組も良かったです。ムハマド氏の目、キラキラです。TVのいいところは、そのキラキラエネルギーを声や画像から受け取れるとこですよね。
(そうでない人の場合は逆に...両刃の剣ですな。)

「強欲者のおかげでカジノのようになってしまった」この世界も、「一人一人の信じる力でちょっとずつ変えられる」。平和の為に貧困をなくさねばならないことを、日本人はもっと知らなくてはいけませんね...。

BShi<プレミアム8> 再放送6/7,11にあります
未来への提言 グラミン銀行総裁 ムハマド・ユヌス
〜世界を救うソーシャル・ビジネス〜


ムハマド・ユヌス氏については、ここがいいかな。
=====
今日のピレシュ先生は英語だったけれど、ブラジル人の生徒の時はポルトガル語で、更に詩的で素敵なのです。
「Luz!」その音に光を射して!とか。ムフフ。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
表現者やものづくり者、必見
テレビの話ばっかりでナニですが、山ほど見てる私が、毎週最も楽しみにしていると言っても過言ではない番組がこれです。

NHK教育 金曜12:00~12:25(間に合うかなー?)
(この放映は再放送らしいので、以前ご覧になった方もいらっしゃることでしょう)
『スーパーピアノレッスン 巨匠ピレシュのワークショップ』

マリア・ジョアン・ピレシュという素敵な女性の先生が、ブラジルのワークショップ・スペースで若いピアニスト達にアドバイスする画像がメインなんですが、その他に音楽療法士(だっけな?見た目仙人みたいなオッチャン)の先生もいてボディワークしたり、もします。

いやーとにかく、ピレシュ先生が深い!!おっしゃるアドバイスが、物事全てに通じる、高い次元のお言葉で、それはそれは素晴らしいのです。ピアニストだけに独占させるには勿体無さすぎる〜。ものづくりしたり、何かを表現したりする方は必見、他の方も、何かに打ち込んでる方ならきっとどこか心に響く所があること請け合いデス。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
大変ご無沙汰しております
勉強の日々を送っております。
いろいろな勉強でございます。詳しくはまた。(ひっぱるねー(笑))
しかしほんと人生是勉強ナリ、ですねぇ。

おすすめのアレコレも溜まる一方で申し訳ない〜。情報は出し惜しみせず、どんどん世の中に提供した方がいいらしいんで(by勝間(笑))、今日こそは一つご紹介。5/28に録画してたのをさっき見たんですが、5/31と6/25に再放送があるらしいのでぜひ。BS番組ですが。(地上波でも流してほしいなぁこれは。)
NHK『100年インタビュー 岸惠子
100年インタビュー、山田洋次監督の回もよかったけど、岸惠子さんのは、その波乱万丈の生き様、身をもっての重い体験から湧き出る知的な言葉の数々がとても素晴らしくて。年配の方にも是非見てほしいと思いました。可能な方は、お母さんと一緒に見られるとよいかと思いますよー。前向きなメッセージがとても伝わることでしょう。(若者にも、我々の世代にも、それぞれ響くところがあると思います。)世界をよく知る人だからこそ見える、今の日本へのメッセージ。貴重です。

母は岸惠子さんのファンだったので、著作も実家のトイレにあったりして、私も拝読したことがあります。この番組も見せてやりたかったなぁ。
=====
ちなみにこの番組、談志師匠の回は、カウンセリング・ルームの様相を呈していて別の意味で凄かったです。(セラピストは渡邊アナの方)
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
尾辻事務所お疲れ様/今日のSONGS
急に決まったライブ前、そしてC-pop選曲仕事前倒し納品前(笑)、なので伺うのは難しいかなーと思ったけど、やっぱり直接、お疲れ様!とありがとうが言いたかったので行って来ました、尾辻かな子事務所クロージングイベント。(以下続く)

■さっきのNHK『SONGS〜カーペンターズ メモリアル・トリビュート」、とても酷かったデス。death。(以下続く)

という二件についてお送りしております本日のマミムメモ。続きを読むをクリック!

=====
■急に決まったライブ前、そしてC-pop選曲仕事前倒し納品前(笑)、
なので難しいかなーと思ったけど、やっぱり直接、お疲れ様!とありがとうが言いたかったので行って来ました、尾辻かな子事務所クロージングイベント。
 行って良かったです。尾辻さん、いいエネルギー発してたなぁ。彼女は“日本全体の大きな一歩前進”に、ものすごく貢献されたのではと思います。日本より海外メディアに認められている(報道内容が深く、大きい)というのも、日本国民がこれからもっと成長していかなければいけない一面を表しているような気が致します。
 尾辻さん、一段落、本当にお疲れ様でした。大いなる感謝を込めて。
 スタッフ・サポーターの皆さんの尽力も、とても印象に残っています。大変お疲れ様でした!

 ああ『MILK』、ライブ終わったら絶対見に行かなきゃ!!

■そんなイイ話の後に何ですが、日本の音楽界の成長の為にも(笑)書かずにおれないこの一件。
ポップス大好きなワタクシ、勿論カーペンターズも大好き。イントロの一、二音だけでレコードかライブ演奏か当然わかるくらいは聞き込んでます。で、そんなファンにとって、さっきのNHK『SONGS〜カーペンターズ メモリアル・トリビュート」、とても酷かったデス。death。

「兄リチャード、亡くなった妹カレンの歌声と共演!」とか言って、やってたのは、「Close To You」のイントロ前にリチャードの生ピのソロをつけて、あとはレコードに合わせて弾かせただけ。ボーカル・トラックだけ抜いて共演した訳でも、レコード音源に合わせての当てブリでもないので、あのシンプルなエレピサウンドに生ピがほとんど同じと思われるフォームで微妙にタイミングのズレたまま重なり、大変切ない結果に...。

しかも、小林明子が歌う「恋におちて」を何でこの番組で聞かなあかんのや! 頷きながら聞くリチャード・カーペンターのアップ...って最早、番組の意味がわからない。(一体どんな大人の事情があるのでしょうか。)

NHK-BSでやってた「カーペンターズ・リクエスト特集」は素晴らしかったのに。古いライブ映像(もちろん歌うは小林明子でなくカレン)がどんどこ流れて、感動的。カレン、知ってる人には有名ですが、ドラムもすんごくカッコいいんですよ!味モノではなく、きちんと基本が出来てる人のカッコよさ。キレイな音でグルーヴィで、フィルが歌いまくってて、大好き!

・・・しかし。
『SONGS』、割と最近の回は全部見てますが、演奏シーン以外の企画っぽい箇所、結構毎回迷走気味じゃないですか?ユーミンの、島の学校に捧げた歌の古い映像んとこはよかったけど。(あの時代の、もっと見たい。)

しかし今回のは、クレーム来るんじゃね?というくらい、酷かった。私もヒマならメールしたかも、くらい。

カレンがこの世にいないから、じゃちょっと似てるかもしんない小林明子に歌わせよう、なんてぇ企画が通っちまう時点で、この番組、問題アリアリじゃないかと。私は今回、「フグの白子がないからといって、タラの白子を用意するお前の愚かさよ!」(みたいなやつ。詳細忘れました)といって山岡士郎を怒鳴りつけた海原雄山を思い出しました。ちなみにその回は、士郎が「そうか!」と言って、仔牛の脳ミソかなんか(忘れた)を使って「そうだ、同じレベルの美味しさに到達させるというのは、似た魚の白子を持ってくればいい訳ではないのだ」みたいなオチだったかと。

カレンの代わりの仔牛の脳ミソはどこに...そんなのないってば!
つか、そのまま過去の画像が、フグの白子では?いいじゃんそれで。意味わからんちん。


・・・ということで。
文句言った分だけ、自分のライブは責任持って頑張らねばー(笑)。
尾辻事務所で感じた、人々に希望を与える生き方(誰にでも、日常の中で出来るハズだよね!菩薩道ですなぁ...)について、思いを馳せながら、そんなライブになりますように願いながら、筆を置かせて頂きます。おやすみなさーい。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
5/1(金)、約4か月ぶりに歌います
(赤坂FANGSONG CAFEは閉店致しました。詳細あれこれはこちらの記事をご覧下さい。)
=====
ご無沙汰しております、マミです。いろいろ勉強の日々を送っております。サイトリニュ、ゆっくり進行中。お披露目は、も少し先ですかね。リニュし終えたら書こうかなーと思ってる小ネタも溜まる一方でもう忘れそうなので、メモメモ。

1.話題の檜町公園には、アタイ想い出がいっぱい(by H2O)。
 ついでにキャン子のマーキングもいっぱい。
2.朝ドラ『つばさ』を見てたら、なんで多部未華子さんと
 FANGSONG CAFEにご縁があった
のか、わかってしまったよ!
3.マッキーのライブに初めて行った。よかった!
4.フジコ・ヘミングさんの動物愛護チャリティーコンサートもよかった!
5.『ecclesia cafe』に行ってくださったお客様が
 結構いらっしゃるようで、なんだかうれしいです。
 私宛のものを預けて下さったりも(笑)。
6.そしてファンソンの跡地は「赤坂港カフェ」になりましたよ。
 オーナーはうちの店にも来て下さったことがある女性です。
 近いうちに私も伺おうと思っているので、また詳しくご紹介しまーす。
7.ベースで1曲参加したアルバムが発売になってます。(もう大分前)
 ROSE-UNLIMITED/picnic at cape rose

で。表題の件ですが。急にライブに出ることになりました。
ファンソンライブで何度もお世話になりました、Keyの穂積恭子さんのユニット「Lamu-a」で出演予定だったのが、二胡奏者Shokoさんのお母様が重篤ということで、代わりにピンチヒッターでゲスト出演させて頂きます。(あ、もちろん私は二胡弾く訳じゃないので安心して下さいませよ〜)

5/1(金)恵比寿天窓.switch
open19:00 / start 19:30 ¥2,000(ドリンク別¥500)
(3組中3番目 21:00くらいから)
HOZUMI(Piano)、ゲスト:フジモトマミ(Vo,B)

どうぞよろしくー。

フジモトマミ
ミュージシャン(Bass/Vocal)。
元FANGSONG CAFEオーナー、兼ホール・キッチン・犬の世話係。
C-pop研究家(C-pop=中国語ポップス)でもあり、
某音楽チャンネル「台湾」「中国」ポップス選曲を担当。
東京都出身。祖父は歌舞伎俳優・澤村可川。
学習院大学心理学科卒業。

1999年プロミュージシャンとしてメジャーデビュー。
2001年バンド脱退後ソロとなり、ベースのサポートや、中国語で歌う活動を行う。
2005年赤坂ファンソン・カフェをオープン。
2008年クローズ。
「マスターマミ次のマミムメモ」 | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
「ファンソン倶楽部」
 会員登録(無料)

メールマガジンの配信・会員特典などもアリ。

メールアドレス

登録 退会

SEARCH THIS SITE.